お問い合わせ

幼児教育学科

カリキュラム

育てるのは、子どもと響き合う感性、
そして保育者としての実践力。

多様化する現代の教育・保育ニーズに対応できる、優れた実践力を養成し、あわせて豊かな感性と良識を持つ保育者をめざすことを主眼としています。

カリキュラム

教養科目

ねらい
保育者として求められる豊かな教養を身につけ、大学での学びを深める方法について理解する
科目
  • 日本国憲法
  • 外国語コミュニケーションⅠ・Ⅱ
  • 日本語表現
  • 情報基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • 健康とスポーツ(実技・講義)
  • アカデミックリテラシー

専門科目

保育の本質・目的
ねらい
保育の基本的な考え方や制度を理解する
科目
  • 社会福祉
  • 保育原理
  • 保育者論
  • 子ども家庭福祉
  • 教育原理
  • 社会的養護Ⅰ
  • 子育て支援
  • カリキュラム論
保育の対象の理解
ねらい
子どもの心、体、生活を理解する
科目
  • 子ども家庭支援論
  • 発達と教育の心理学
  • 発達と教育の心理学演習
  • 教育相談の理論と方法
  • 子どもの保健
  • 子どもの健康と安全
  • 子どもの食と栄養Ⅰ・Ⅱ
  • 幼児理解の理論と方法
  • 子どもと健康
  • 子どもと人間関係
  • 子どもと環境
  • 子どもと言葉
保育の内容・方法
ねらい
保育の専門知識と実践的な技能を修得する
科目
  • 保育内容総論
  • 保育内容の指導法(健康・人間関係・環境・言葉・表現)
  • 乳児保育Ⅰ・Ⅱ
  • 児童文学
  • 特別支援教育
  • 子ども家庭支援の心理学
  • 障害児保育
  • 社会的養護Ⅱ
  • 教育方法論
  • 保育入門
保育の表現技術
ねらい
子どもの「夢中」を引き出す感性と技術を身につける
科目
  • 基礎音楽Ⅰ・Ⅱ
  • 遊びと音楽
  • 子どもと表現(音楽)
  • 遊びと運動
  • 子どもと表現(身体)
  • 基礎造形
  • 遊びと造形
  • 子どもと表現(造形)
教育実習・保育実習
ねらい
幼稚園や保育所の役割や機能、子どもとの関わりについて、実践を通して身につける
科目
  • 教育実習(事前・事後指導を含む)
  • 保育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 保育実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
課題探究
ねらい
自己課題を見つけ、解決するための手法を身につけ、まとめて発表する
科目
  • 子どもの研究Ⅰ・Ⅱ第一部のみ
  • 保育研究第三部のみ
総合演習
ねらい
すべての学修を踏まえ、保育現場で生かすことのできる実践力を身につける
科目
  • 保育・教職実践演習(幼)
  • 保育表現演習

※ここに掲載したカリキュラムは、2019年度の内容です。 
※カリキュラムは変更する場合があります。

ページの先頭へ

ページの先頭へ