お問い合わせ

学生生活

クラブサークル

大学も短大も、学科の違いも越えて、ともに強くなります。

子どもとのふれあいを楽しむ、スポーツで爽やかな汗を流す、
ボランティアで社会貢献するなど、本学には多種多彩なクラブ・サークルがあります。
なかには、半世紀近い歴史をもつクラブもあります。
学科などの垣根を越えて、学生同士の豊かな交流があります。

ダンス部

ダンス部

部員全員の創造力を生かして、
一からダンスを
つくりあげます。

團野 桜
子ども教育学科(4年)
愛知・光ヶ丘女子高等学校 出身

團野 桜

学内外のイベントや舞台で演じる創作ダンスや幼児向けのダンスを自分たちで創りあげ、披露しています。毎年参加している全国大会に向けて、昨年は「どんな状況でも自分たちで力を出す」という目標を掲げ、最後まで粘り強く練習に励みました。そして本番は全員が力を発揮し、5年連続入選という成績を収めました。部活を通して、計画する力や柔軟に対応する力も身につきました。これからも人の心を動かす作品を創っていきたいと思います。

「全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)」や「アーティステック・ムーブメント・イン・トヤマ」に出場。優秀な成績を収めています。

Hobbit

Hobbit

入学前では
考えられないくらい、
人前に立つことが
好きになりました。

渡邉 レナ
子ども教育学科(2年)
愛知・知立高等学校 出身

渡邉 レナ

図書館、美術館、ショッピングセンターなどさまざまな場所で、読み聞かせや手遊びを行っています。もともと人前に立つことが苦手だった私。大勢の前で読み聞かせの経験を重ねるうちに自信がつき、子どもたちの反応を楽しむ余裕が生まれるようになりました。話し方に強弱をつけたり、子どもたちに問いかけたり、保育の場で役立つ表現力も身につけることができたと思います。入学当初は不安に感じていた実習も、今では楽しみで仕方ありません。

児童文化研究部 はとぽっぽ

児童文化研究部 はとぽっぽ

オリジナルの演劇作品で、
子どもたちに
笑顔を届けています。

山本 真琴
幼児教育学科 第三部(3年)
愛知・国府高等学校 出身

山本 真琴

近隣の幼稚園や保育園などで人形劇や手遊びを披露したり、子ども向けの演劇を創作し発表をしています。毎年12月に行われる定期公演では、脚本、衣装、音響、道具もすべてオリジナルの作品を上演します。最後まで劇を楽しめるように、参加型の演出を取り入れるのですが、表現によって子どもたちの反応も変わるので、本番で子どもたちと出会えるのがほんとうに楽しみ! 仲間と協力して劇を創りあげる中で、表現力はもちろん、責任感も身につきました。

ページの先頭へ

ページの先頭へ